眼の病気|その他の眼病

ホームページへようこそ!


白内障・コンタクトレンズ・花粉症など眼科一般の診察や緑内障ドックをおこなっております。コンタクトレンズ販売は隣接のコンタクトのオプティで!
お待たせしない予約も出来ます。

予約はこちら↓↓↓

ネット予約

 

 

その他の眼病や検査

● 糖尿病性網膜症 ● はやり目
● アカントアメーバー角膜炎 ● 眼球打撲
● 飛蚊症 ● 目薬の正しい使い方
● メガネについて ● 3歳児検診

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は、初期の段階ではほとんどの方に自覚症状は現れませんが、症状が軽いうちならば、内服薬にて経過をみることができます。
次の段階では、レーザー治療を行ないますが、これは外来にてできる手術です。
かなり進行すると、レーザー治療も難しくなり完全な視力回復が難しいのが現状です。
網膜症の予防は血糖のコントロールが基本ですが、糖尿病を発病してからの期間によっても異なりますので、眼底検査については眼科医に相談して下さい。

現在、成人の失明原因の第1位は糖尿病性網膜症です。
糖尿病で目が悪くなるなんて思わなかった。
まさか自分が・・というように網膜症は本人も気が付かない間に進行していることが多い病気です。
一般に糖尿病を発病してからの期間が長ければ、網膜症も合併しやすくなります。
糖尿病と診断されたら適切な血糖コントロールを心がけ、定期的な眼底検査も忘れないで下さい。

糖尿病性網膜症

はやり目

目が真っ赤になって、まぶたが腫れたり、メヤニや涙が急に多くなる・・
そんな症状がでたら 「はやり目」 かも知れません。
結膜炎の中でも感染性の強いウイルスによっておこる流行性角結膜炎やプール熱などは
「はやり目」 と呼ばれています。

その名のとおり、とてもうつりやすいので、できるだけ早く医師の治療を受けるようにして下さい。
メヤニや涙をさわった手からうつりますので目をさわったあとの手は流水と石けんでよく洗い、
専用のタオルを使うようにしてお風呂も一番最後にしましょう。

そして、メヤニや涙の多いときは学校や職場も休んで、十分な休養をとることも大切です。

このページのトップに戻る

アカントアメーバー角膜炎

アカントアメーバと呼ばれる微生物が原因で起こる角膜感染症で、
最近コンタクトレンズ使用者の間で増加してきました。
比較的まれな感染症ではありますが、角膜の感染症の中では重症なものの一つです。

多くはアメーバで汚染されたコンタクトレンズを使用することによって生じます。
発症した人のほとんどはソフトコンタクトレンズ使用者です。
毎日使い捨てにしなければならないレンズを再度装用してしまったり、再装用可能なレンズでも、こすり洗いやすすぎなど正しいレンズケアができていない場合がほとんどです。
ゆっくりと進行しますが、他の感染症に比べて痛みが非常に強いのが特徴です。

進行すると重度の視力障害をおこします。

アカントアメーバー角膜炎画像

アカントアメーバ角膜炎は抗真菌薬を点眼したり、角膜表面を何度も削るなどの治療法を併用しますが、どうしても治らない場合は角膜移植を余儀なくされる場合もあります。

■検査と診断

今までは検査が困難なことが問題となっておりましたが、今では検査診断が可能になりました。
アカントアメーバの予後は、治療の開始時期に依存しており治療が早いほど視力の確保や回復が容易となるため、検査診断は非常に重要です。

当院でも検査をおこなっております。
心配な方は一度ご相談ください。
※検査には、コンタクトレンズケース内の保存液が必要です

正しいレンズケアの仕方はこちら

このページのトップに戻る

眼球打撲

眼を打ったという場合、目安として「眼をこする以上の強さ」 で衝撃があった場合には、眼の奥の方で異常がないか目薬で瞳孔を広げて、眼底を詳しく診る必要があります。
見た目には異常や痛みがなくても、眼はやわらかいものですので、衝撃で網膜剥離や
出血をおこしたりするため、眼底検査は重要なのです。

眼科に行くまでの間は、なるべく振動をさけて移動することが大切です。
検査の後は、目薬の作用で通常3~4時間くらい見えにくくなり車の運転などできませんので、その予定で来院されるとよいでしょう。

このページのトップに戻る

飛蚊症

飛蚊症黒いものが見える?

Q:黒いものが目を動かしてもついてくるのですが・・・
A:この症状は飛蚊症といいます。

白い壁や空を見た時に、目の前に黒い点や輪のようなものが動くのに気付くことがありませんか?
明るい時に見え、視線を動かすと一緒についてくる。この症状を飛蚊症と言います。
目の中には、透明などろっとしたものがつまっていますが(硝子体)この中に濁りができると、その濁りの影が眼底にうつり飛蚊症として感じます。
たいていは治療を必要としませんが、なかには出血や網膜剥離などをおこしていることもありますので症状が出始めたら早めに診察を受けるようにして下さい。

眼球イラスト

このページのトップに戻る

目薬の正しい使い方

目薬使い方 点眼方法

1滴でも確実に目の中に入れば充分です。
・この時、容器の先がまぶたやまつ毛に触れないように注意しましょう。
・点眼後はまばたきをしないで、数分間軽く目を閉じると効果的です。
・2種類以上の目薬を使う時は、点眼する間隔を5分以上あけましょう。
そして治療が終わったら、残った薬剤は捨てて下さい。
どんな目薬でも開封してから1ヶ月以上たったものは使わないようにして下さい。

このページのトップに戻る

メガネについて

メガネをかける視力メガネをかける視力

Q:どのくらいの視力が下がったらメガネをかけなければいけませんか?
A:視力がいくつに下がったからメガネをかけるというわけではありません。

日常生活に支障が出てきたらメガネを考えるようにするとよいでしょう。
特に子供の場合、視力が下がり初めて早いうちなら回復する可能性もあるため
すぐにメガネを作るより近くのものを見た後に遠くを見るように気をつけてみましょう。
大人の場合・・・老眼が入って近くが見えにくくなった時は無理せずにメガネを考えた方がよいでしょう。

近視の子供さんがメガネをかけるにあたり近視の子供さんがメガネをかけるにあたり

メガネをかけたりはずしたりしていると視力が下がりますか?

メガネをかけても近くでものを見る習慣が残っていると、メガネの度数は進みやすいのです。
いつも姿勢をよくして離れて見る、そして見えなければメガネをかけて離れて見るということを守りましょう。

このページのトップに戻る

3歳児検診

初めての視力検査といえば、3歳児検診の時でしょう。
自宅でお母さんと行なうものです。
その時に左右差が大きかったり、遠くのものが見えにくいときは、眼科受診をすすめられます。
斜視や弱視などはこの時期に治療を始めないと視力が発達しない為
この時期での検診が大切なのです。

3歳児検診イラスト

3歳児検診や就学時検診の時にきちんと検査ができるように時々、親子で遠くの絵や字を言いあてる、遊び感覚で見え方のチェックをしてみてはいかがですか。