眼の病気|緑内障

ホームページへようこそ!


白内障・コンタクトレンズ・花粉症など眼科一般の診察や緑内障ドックをおこなっております。コンタクトレンズ販売は隣接のコンタクトのオプティで!
お待たせしない予約も出来ます。

予約はこちら↓↓↓

ネット予約

 

 

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。網膜とは、目の中に入ってきた光を刺激として受け取り、脳への視神経に伝達する組織で、カメラでいうとフィルムの働きをしています。
定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることが出来ますが、実際には日本の中途失明原因の代表的な病気です。糖尿病網膜症の症状は、病気の進行とともに変化します。

糖尿病網膜症の分類

糖尿病網膜症は、進行の程度により大きく三段階に分類されます。

①単純糖尿病網膜症
初期の糖尿病であり、最初に出現する異常は、細い血管の壁が盛り上がってできる毛細血管や小さな出血です。タンパク質や脂肪が血管から漏れ出て網膜にシミ(硬性白斑)を形成することもあります。これらは、血糖値のコントロールが良くなれば改善することもあります。この時期には自覚症状はほとんどありません。詳しい網膜の状態を調べるため眼底の血管造影を行うこともあります。


②前増殖糖尿病網膜症

単純網膜症より、一歩進行した状態です。

細い網膜血管が広い範囲で閉塞すると、網膜に十分な酸素が行き渡らなくなり、足りなくなった酸素を供給するために新しい血管(新生血管)を作り出す準備を始めます。この時期になると、かすみなどの症状を自覚することが多いのですが、全く自覚症状がないこともあります。


③増殖糖尿病網膜症

進行した糖尿病網膜症で重症な段階です。新生血管が網膜や硝子体に向かって伸びてきます。新生血管の壁が破れると、硝子体に出血することがあります。硝子体は眼球の中の大部分を占める透明な組織です。ここに出血が起こると、視野に黒い影やゴミの様なものが見える飛蚊症と呼ばれる症状を自覚したり、出血量が多いと急な視力低下を自覚したりします。また増殖組織と言われる繊維性の膜が出現し、これが網膜を引っ張って網膜剥離を起こすことがあります。

三大DMR

糖尿病網膜症の検査

眼圧検査・眼底検査を行い診断・治療します。

①眼圧検査 正常眼圧は10㎜Hg~21㎜Hgです。正常眼圧緑内障の場合、正常眼圧でも治療前より低い眼圧を目標とします。コントロール状態の良い人で、1ヶ月に1回程度の検査をします。

ノンコンタクト・トノメーター
ノンコンタクト・トノメーター
(非接触眼圧計)
眼の表面に空気をあてて測定する
方法。角膜に触れないので、感染の
危険性が 少なく、多くの人を検査
する 場合 に適している。

ゴールドマン眼圧計
ゴールドマン眼圧計
(圧平眼圧計)
眼の表面にアプラネーションの先をあてて
測定する方法。 
より正確に測れるが、
ベノキシール点眼による表面麻酔が必要。
正確に測りたいときに使用。

②広角カメラ
網膜の全体8割が判定できるので、OCTと組み合わせると眼底疾患を極めて早期発見できるようになり、今後の治療方針の決定や治療効果の判定が正確にわかりやすくなりました。また、三次元の眼底画像をお見せすることが可能です。


【広角カメラ】

広角カメラ
【広角カメラで撮影】

⇓広範囲まで撮影可能になりました。DMR異常


糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症は、完全に治すことの出来ない病気です。治療は、症状の悪化を防ぐために行われます。

①レーザー光凝固術
網膜にレーザーを照射して新生血管の発生を防ぐ方法です。出血や白斑も治療出来ます。この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の進行を阻止することが出来ます。単純網膜症の進行したものや、増殖前網膜症では特に効果があります。外来通院で治療が可能で、点眼麻酔をして1回15~30分程度の時間で終了します。網膜全体の光凝固の場合は、数回に分けて治療します。

 

レーザー


②硝子体手術
新生血管が破れて硝子体出血が起きたり、網膜が眼底から剥がれて網膜剥離が起きた場合は、硝子体手術が必要になります。硝子体手術は眼球内の圧力を保つために灌流液を注ぎながら、吸引カッターで硝子体内の出血を吸い取ったり、剥がれた網膜を元に戻したりします。

硝子体手術

日常生活の注意

※糖尿病と診断されたら、眼科での定期的な治療は必要不可欠です。
糖尿病網膜症は初期にはほとんど自覚症状がありません。
初期の単純糖尿病網膜症の経過を治療しても網膜の状態は元に戻らないことがほとんどです。 治療後も血糖コントロールをきちんと行い、定期的に検診を受けてください。 また、糖尿病網膜症を進行させる要因として、糖尿病だけでなく脂質異常症や高血圧の関与も指摘されています。生活習慣病全般について予防に努めることが必要です。