眼の病気|アレルギー性結膜炎

ホームページへようこそ!


白内障・コンタクトレンズ・花粉症など眼科一般の診察や緑内障ドックをおこなっております。コンタクトレンズ販売は隣接のコンタクトのオプティで!
お待たせしない予約も出来ます。

予約はこちら↓↓↓

ネット予約

 

 

アレルギー性結膜炎

上記以外の眼病についてはこちら

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎
など花粉症の季節でもないのに、1年を通して目のアレルギー症状に悩まされる方が増えてきているようです。その原因としてハウスダストが注目されています。

対策としては

等があげられます。

掃除機を使う時は
窓を開けて噴出口を室外に向けて室内にホコリが舞わないように、
そして布団を取り込む際も、ダニの死骸はたたいてもほとんどとれないので、掃除機で吸い取る方がいいのですが、できればアレルギー症状のない家族のどなたかにお願いするとよいでしょう。

花粉症

早めの薬が効果的
春先になると目が痒いとお感じの方はいませんか?
この時期の痒みは花粉が原因のことが多く、
花粉症と呼ばれています。
症状は痒みや痛み、ゴロゴロしたり時には涙が出たりと様々です。

結膜炎目薬画像
おもに処方される目薬

症状が軽い場合は、抗アレルギー剤の目薬が副作用も少なく効果があります。
しかし効き方がゆっくりなので、毎年同じ季節に症状のある方は、症状の現れる2週間位前に目薬を始めるとよいでしょう。
重くなるとよく効く薬もありますが、副作用の危険性もあります。
特にコンタクトレンズを装用している方は、安全に目薬を使っていただく為にも、眼科専門医での診察をうけることをおすすめします


生活の工夫
春は花粉症の方にとってはとてもつらい季節ですが、できる限り花粉と接触しないように工夫してみて下さい。
良く晴れて風の強い日は外出は控えたり、出かける時はメガネマスク帽子などを
着用しましょう。
洗濯物や布団は乾燥機を利用するのもよいでしょう。
やむをえず外へ干す場合は、取り込む際に十分花粉を払い落としましょう。
また、外から帰った時には玄関先で花粉をはたき落とすなど、気をつけてみましょう。


ワンポイント
花粉症でおこる眼の症状では「かゆみ」が最も多くみられますが、かゆいからと眼をこすることは、症状をさらに悪化させます。
かゆみがある時は、冷たいタオルで何度も冷やすとおさまることがあります。
この時、眼はおさえないように、軽くあてる程度にしてください。
かゆいとついこすってしまいがちですが、こするのをがまんできないかゆみがある時は、薬でかゆみをおさえることも大切です。
眼はやわらかく、デリケートなものです。
どんなにかゆい時でも、こすったり、たたいたりしないようにしましょう。


夏からの花粉症
花粉症は春だけではありません。春の花粉症の主な原因となるのは、スギ・ヒノキですがそれ以外の植物が原因でおきる事もあるのです。
夏から秋にかけてのブタ草や、ヨモギをはじめ他にもアレルギーの原因となる草花が多数あります。

毎年同じ時期に症状がでる場合は春の花粉症と同様に
① 症状がではじめる前から早めに薬を始める
② 日常生活においてなるべく花粉と接触しない工夫をする

どのような場合においても、症状が現れたら、なるべく早く受診し医師の診断を受けることをおすすめします

花粉についての詳しい情報はこちらから→http://weathernews.jp/pollen/