コンタクトレンズ|コンタクトレンズの選択

ホームページへようこそ!


白内障・コンタクトレンズ・花粉症など眼科一般の診察や緑内障ドックをおこなっております。コンタクトレンズ販売は隣接のコンタクトのオプティで!
お待たせしない予約も出来ます。

予約はこちら↓↓↓

ネット予約

 

 

コンタクトレンズの選択

・・・ 結局どれが一番いいの?

それは、使う人により違います!
(すべての人にbestなレンズはないのです)
 ・ 近視の強さ
 ・乱視の強さ
 ・ドライアイの有無
 ・充血のしやすさ
 ・装用時間の長さ
 ・眼のアレルギーの有無と程度
 ・性格や清潔感の違い
 ・生活の時間(コンタクトレンズをつけたい時間)
 ・スポーツの有無
 ・それから、予算
これらを考えて、あなたの眼にあうコンタクトレンズの種類を仮決定します。
その後、眼科検査を開始します。まず、眼球に異常のないことを確認します。
屈折と眼のカーブを器械で測定し、視力検査をします。
仮決定のコンタクトレンズが適しているかどうかを検討し、第一選択のコンタクトレンズを決定します。
実際にトライアルレンズを眼の表面にのせて、コンタクトレンズが瞬きとともに、適切に動き、安定位置が良いかどうかを確認します。
そして、コンタクトレンズの装着感を確認します。 良ければトライアルレンズをのせたままで、再度視力検査をおこない、コンタクトレンズの度数を決定します。
 ① 視力   
 ② 眼とコンタクトレンズのフィッティング(装着状態の具合)  
 ③ 実際のコンタクトレンズでの装着感覚
①②③で良ければ、コンタクトレンズの最終決定となります。
※適切なコンタクトレンズ決定後、コンタクトレンズ未経験の方は、装用練習があります。 
  そういった検査をしっかりした最終決定のコンタクトレンズでも、実際に使ってみると、コンタクトレンズの度がわずかにずれる場合があります。その場合は、処方変更、コンタクトレンズの交換をしますので、異常を感じたら早目に岩間眼科を受診し、どのように変えると良いのか診察を受けて下さい。