コンタクトレンズ|コンタクトレンズについて

ホームページへようこそ!


白内障・コンタクトレンズ・花粉症など眼科一般の診察や緑内障ドックをおこなっております。コンタクトレンズ販売は隣接のコンタクトのオプティで!
お待たせしない予約も出来ます。

予約はこちら↓↓↓

ネット予約

 

 

コンタクトレンズについて

現在、コンタクトレンズを使っている人は1500万人を超え国民の8人に1人がコンタクトレンズをしていることになり、子供から大人まで年齢層も幅広くなってきています。

ところが、コンタクトレンズを使っている人の増加に伴い、問題になってきているのが目の障害です。原因は、レンズ装用による角膜の酸素不足や、蛋白質・脂肪によるレンズの汚れです。
これは、コンタクトレンズの使用時間や期間を超えた装用、コンタクトレンズの洗浄不足があるからです。
その背景のひとつには・・・インターネットによる通信販売
本来なら、眼科医の処方と指導のもとで使われるべきコンタクトレンズが、日用雑貨のように扱われ、正しい使い方や正しいケア、定期検査を怠っている場合が非常に多くなってきています。
また、医師の処方を受けずに通販やインターネットでコンタクトを購入した人のトラブルも増えて来ています。
コンタクトレンズの処方には、眼、コンタクトレンズ、レンズケア、トラブルを解決する為の専門的知識が必要であり、眼科専門医による処方が重要です。 コンタクトレンズはデリケートな眼に直接入れる物です。眼に大きな影響を与え、失明の危険性もあるということを知っていただきたいと思います。

眼の障害の最大の原因は
長時間装用による酸素不足
眼は空気中の酸素を介して取り入れて呼吸しています。
コンタクトレンズで眼の表面が覆われると酸素の供給が不足し、
角膜は酸素不足に陥ります。

酸素不足や間違った使い方で角膜にキズがついたり、
感染症を起こしやすくなったりするのです。
また、長期にわたりコンタクトレンズを使い続けることが原因で起こる
「角膜内皮細胞障害」 のように、自覚症状のないままに進行するものもあります。
コンタクトレンズを使っている人は、 異常がなくても眼科知識の豊富な眼科専門医の定期検査を
受けることが必要なのです。

※どれくらい酸素を通すかの値は、Dk/L値で表します。(Dk/L値とは、-3.00Dのコンタクトレンズでの酸素透過率を表しています。)数値が大きいほど酸素をよく通します。
※主な使い捨てコンタクトレンズ(頻回交換レンズを含む)のDk/L値を表した表はこちら表はこちら

■コンタクトレンズなしで生活できますか?

コンタクトレンズをお使いで、メガネをお持ちでない方は、予備の為に必ずメガネをご用意しておく事をおすすめします。 コンタクトレンズは眼に直接つけるのものだけに、眼の調子が悪いとはめられない事もあります。そうなってから急にメガネを作ろうと思っても、眼の状態の悪い時には安定した視力のメガネができないこともあります。 そんな時の為に普段、眼の調子の良い時に、メガネを作っておくと良いでしょう。

■レンズケースを定期的に交換していますか?

コンタクトレンズだけでなく、レンズケースも寿命があるのです。

■遠近両用コンタクトレンズがあるのをご存知ですか?

40歳頃になると、眼の中のレンズの弾力性が弱まり、うまくピントが合わせられなくなって、近くの物が見づらくなる事があります。 遠近両用のコンタクトレンズは、遠くも近くも無理せずに見ることができ、スポーツやお化粧の時など、様々な場面で快適に過ごすことができます。 他のコンタクトレンズと同様にすべての方に合うわけではありませんが、「コンタクトは初めて」 という方も気軽にトライしてみてはいかがですか?